カテゴリー別アーカイブ: ペット

獣害とは

獣害とは、イノシシやシカ、クマ、サル、ネズミなど野生動物がエサを食べる採食行動やエサを探す探求行動により、人間が受ける様々な被害を指します。

また、飼い主の管理が不十分なペットによる害を指す場合もあります。

その被害の程度や内容は、被害を及ぼす動物の種類や原因によって様々ありますが、農業被害、家屋被害、人的被害、森林・生態系被害の4つに分類されます。

農業被害は、農作物を食べられる、田畑の土や根を掘り起こされる、ビニールハウスを壊されるなど直接的・間接的に受ける農業への被害です。

これにより、大切に育てた農作物の出荷できなくなるだけではなく、莫大な修理費が掛かったり、定植・収穫サイクルが狂ったりするなどの被害が発生します。

家屋被害は、アライグマなどの野生動物が家屋に浸入して、汚損などの被害を与えるものです。

人的被害は、サルなどの獣に噛まれて怪我をするなど、直接受ける被害と、獣が害虫や病気を媒介して間接的に受ける被害があります。

森林被害は、野生動物の採食行動によって、樹木が被害を受けることによって、森林における生態系バランスが崩れてしまう被害です。

野生のニホンジカやエゾシカは、芝や木の葉だけでなく、食べ物の少ない時期には樹皮も食べてしまうため、行動範囲内の植物を食べつくしてしまい、その結果、山の植生バランスを変えるほど被害を与えることがあります。

「害獣」や「衛生害虫」の悩みを解決いたします♪

犬と猫のエサに対する違い

犬にしろ猫にしろ、エサをあげるとすぐに飛びついてきて、本当に嬉しそうに食べている姿を見ていると、飼い主も嬉しくなりますよね。

実は、同じ嬉しそうな姿でも、その心の中は、犬と猫とではだいぶ違うようですよ。

犬は、飼い主がご飯をくれると心から嬉しいという気持ちで一杯になり、思わず尾を振り回しながら食べてしまいます。そして、基本的には飼い主が与えてくれるものであれば、好き嫌いなく食べてくれます。

一方、猫の方は、自分が食べたい時に好きなだけ食べるという、マイペースの食事です。

しかも、犬に比べると好き嫌いがはっきりしているため、エサを変えたら食べなくなったり、缶詰を与えると、普段食べていたドライフードを食べなくなったりするなど、かなりグルメです。

子猫の頃から、色んなエサを与えていれば、このように極端なことはある程度防げることもありますが、ある日突然、これまで与えていたエサを食べなくなってしまうこともります。

こうした猫の偏食を完全に防ぐことは難しいので、突然、これまでのエサを食べなくなったら、違うエサなどをあげるなどの対策が必要です。

オリジンは【全種類六つ星】を受賞した世界一のペットフードです。

ペット保険の補償対象と対象外

ペットを対象とした保険に限らず、人間を対象とした生命保険や損害保険は、保障(補償) 内容をしっかりと理解して加入する必要がありますが、小さい字でこまごまと書かれている保険約款や重要事項説明書を読み込むのは億劫なものです。

このため、ついつて、余りよく理解できていない状況で加入してしまうことは往々にしてありますよね。

損害保険商品の補償内容を理解するためには、保険約款に目を通す必要がありますが、最初からそれを読んで理解するのは結構大変ですから、「重要事項説明書」に目を通すことから始めましよう。

ペット保険といっても、補償内容は各社各様ですが、共通することは、ペットのケガや病気の診療費を対象に保険金が支払われることです。

重要事項説明書の「補償内容」に記載されているポイントは、保険金を支払(受け取れる)う場合と保険金を支払わない(受け取れない)」場合の2つです。

「保険金が貰える」場合は、加入者が負担した通院・入院及び手術の診療費であって、契約の動物がケガ・病気を被ったことによる診療費であり、保険期間中、かつ、日本国内での診療による診療費であることです。

すなわち、保険の対象は「契約の動物」で、かつ、「保険期間中」でないと補償を受けられません。さらに、「日本国内での診療」に限られていることです。

「保険金が貰えない」は、「契約者、被保険者の故意又は重大な過失がある場合」や「地震などの自然災害に起因するケガや病気」などです。

これは、ペット保険に限らず自動車保険や火災保険など、保険に一般に共通する事項です。
そして、ペット保険の特徴としては、予防接種、健康診断、健康食品の費用、妊娠・出産関連が補償の対象外となります。

獣医師が作ったペット保険「ペッツベスト」は【補償率80%】