カテゴリー別アーカイブ: 育毛

AGAの症状

AGAは男性型脱毛症とも呼ばれるも ので、男性ホルモンが大きく関わっています。成人男性、特に中高年の大半が、若いころに比べ髪の毛が薄くなったと感じているようです。このAGAの発症者は全国で1000万人以上居るとされています。

また、男性ホルモンは女性も持っていますから女性の中にも、AGAで悩んでいるという方はおります。2011年の秋にはヘアサロンの女性利用数が前年比1.5倍になるなど、髪についての悩みは男女共通のものなのです。

この、AGAのやっかいな所は、進行性の病気だという事です。風邪のように放っておけば自然に治癒していくものではありません。放置すればますます、薄毛や抜け毛が進行していきます。

まず、頭頂部や前頭部から徐々に進行を始めますが、発症すると、短い髪の毛が抜けていることに気づく人もいると思います。

通常、髪の毛は成長期→退行期→休止期というサイクルをたどりますが、AGAを発症すると成長期が短くなってしまいます。このため、髪が十分に成長しないまま抜け落ちてしまうのです。

髪のサイクル自体が短くなった結果、抜け毛が増えて産毛のような短い髪ばかりが残り、地肌の見えやすい薄毛になっていくというわけです。

「BUBKA」は【厚生省認可】の濃密配合育毛剤!!

家庭用レーザー育毛器のメリット・デメリット

これまで、レーザー育毛の治療は、病院や専用サロンでうけるのが一般的でした。

しかし、最近ではレーザー育毛を自宅でできる機器が発売され、注目を集めています。

家庭用レーザー育毛機の最大のメリットは、いつでも使える手軽さにあります。大きさは髭剃りぐらいしかないため、場所をとることはありませんので、自宅だけでなく、出張先や旅行先に持っていくことができます。また、10分ほど照射すれば良いので、忙しい人でも継続することができます。

値段は決して安いとは言えませんが、長期間にわたって病院やサロンに通って治療を受ける時間と高額な料金を考えれば、コスパは抜群に良いと言えるでしょう。

また、おうおうにして、病院や育毛専門サロンでは、薄毛などの改善が乏しい場合には、治療を続けるための追加料金が必要になりますが、家庭用レーザー育毛器は一度購入してしまえば、維持費は充電に使用する電気代を払うくらいです。

薬を使った治療ではないため、副作用などを気にする必要がないこともメリットの一つと言えるでしょう。

デメリットとしては、ある程度まとまった初期費用が必要なことです。

レーザー育毛機の値段はピンキリですが、だいたい、5万円~10万円程度するものが多いようです。

しかし、病院や専門サロンへ行くことを考えると、長い目で見れば、安い買い物と言えるのではないでしょうか。

発毛・育毛レーザーブラシ「ヘアーレーザープレミアム」

育毛サロンで行う施術

育毛サロンは、クリニックや病院といった医療機関ではないため、外・内服薬の処方やメソテラピーなどの治療を行うことができません。

育毛サロンでは、血行促進、余分な老廃物除去がメインとなります。このため、まず、頭皮、毛穴の状態をマイクロスコープなどで診断します。施術としては、オイル、スチーマーなどで老廃物や汚れを浮きあがらせ、オリジナルシャンプーで徹底的に汚れを除去し、頭皮をきれいにしていきます。

育毛剤は、ただ塗るだけではなく、毛穴にしっかり浸透させることが重要です。しかし、自宅でこれを確実に行うのは、なかなか難しいものがあり、それが、結果的に効果が出にくいということになります。

その点、育毛サロンでは、低周波を使って毛乳頭まで深く浸透させたり、育毛剤をイオン化させたり、超微粒化したりして、有効成分を毛穴の奥にまできちんと届けます。

更に、頭皮のシャンプー・マッサージを行うだけでなく、きっちりと集中的な頭皮ケアを行いますので、自己ケアとはまったく違った結果が出るのです。

育毛クリニック「アートネイチャー」で育毛や増毛

育毛剤を効果的に使うには

育毛をするにあたっては、余りにも即効性を期待し過ぎることは禁物です。育毛剤の効果が作用している時間というものは、商品によって多少の差異はありますが、一般的には、比較的短いと言われています。

このため、育毛剤の使用にあたっては、この効果をできるだけ長く維持させるよう工夫することが重要となってきます。

具体的には、回数を多くつける。(量よりも回数です)、頭皮マッサージを行う、症状や進行度により複数の育毛剤を重ね塗りする、習慣性を考慮して一定期間で育毛剤を変えていくなどです。

抜け毛の進行はゆっくり進むものではなく、突然のものです。一気に抜け毛が増え、そしてまた静かな時期が訪れます。

そして、しばらくするとまた、突然抜け毛が進行し、やがてまた平穏状態に移行します。このような、サイクル的傾向が特に強いと感じる場合は、抜け毛が多い時期には一日二回の塗布を行い、抜け毛が比較的少ない時期には一回にするか、まったく塗布しないようにする。

また、毎日同じ育毛剤を使うのではなく、二つかできれば三つ、自分に合った育毛剤を併用することで、効果の薄れを軽減させることができます。

以上に注意して、育毛剤の効果を最大限に発揮できるよう工夫してみてください。

育毛剤「フィンジア」