健康サプリ選びの落とし穴

■有名メーカーなら安心?
有名メーカーなら安心とは限りません。他の製品が有名だとしてもサプリの品質が保証されるわけではないからです。まあ、一定の品質は期待できるでしょうが、ブランドの力と宣伝力で売れてしまうため、製品に対するこだわりは不明だからです。知名度と品質は比例しないのです。

■薬品メーカーなら安心?
薬品メーカーは既に薬品を開発できる力があるので、栄養素を固めて錠剤にすることは簡単にできます。しかし、それが合成品であることも多いのです。
合成された栄養素は天然成分に比べると体内での働きが劣ります。天然成分のサプリを開発するには天然食材の仕入れルートが必要です。
サプリ専門の老舗メーカーは、良質の材料を仕入れるために、膨大な時間と労力を費やしています。しかし、薬品メーカーや化粧品メーカーは、安定した仕入れ先を優先する傾向があるため、サプリ専門メーカーほど、仕入れにこだわっているとは限らないからです。

■売れているメーカーなら安心?
売上と品質のNo.1は違います。すなわち、安くたくさん売るシステムと、良いものを必要な人に届けるシステムは違います。サプリは食品ですから、大量生産が必要な側面があります。しかし、こだわりのない大量生産だったら、その品質はいわずもがなでしょう。

■国内メーカーと海外メーカーは、どちらが安全?
海外から取り寄せたサプリで被害を受けるケースは確かにあります。では、国内製品であれば、無条件で良いと考えるのも危険です。いずれの製品でも、品質をきちんと確認して選ぶことが最も大切なことです。
サプリは薬ではありませんから、効果や効能が記載されているものは薬事法違反です。もし、効果や効能が書いてあれば法律違反ですので、信じないことです。

■高いサプリメントほど良質?
たしかに、高ければ、材料も手間もかけている可能性があります。その一方で、サプリは極めて原価率の低い業界です。販売代金のほとんどは広告やパッケージに費やしていると考えて間違いありません。このため、原価率の高い、つまり材料費と開発費の割合が高い製品を選ぶことが肝要です。
「ハイユーグレナ」はミドリムシサプリの最高峰♪

ダイエットにおける停滞期とは

ダイエットにおける停滞期とは、食事の量を減らしたり、運動しているにも関わらず、体重が一時的に減らなくなる時期のことです。この停滞期は、人間が本来持っている生 命維持機能である「ホメオスタシス」によって起こるといわれています。
すなわち、体はエネルギー不足と判断すると、食べた物からの栄養吸収率を上げ、さらに体内のエ ネルギー消費量を下げます。こうして、少ない食べ物を効率的に利用できる体の状態に変化させるのです。
人間の体が停滞期に入ると、食事量が減っても運動量が増えても、体重は変化しない(停滞する)ようになります。これは。身体の摂取カロリーと消費カロリーのバランスが取れている状態だからです。この停滞期は、個人差はありますが、約1ヶ月といわれています。消費カロリーと摂取カロリーのバランスが取れている状態が約1ヶ月続くと、体のホメオスタシス効果がなくなります。
そして、停滞期を過ぎると、人間の体は以前のエネルギー量を消費する状態に戻ります。エネルギーが消費されやすい状態に戻るので、停滞期が過ぎると次の停滞期まで体重は減っていきます。
ところが、停滞期中にダイエットを中止してしまうと、エネルギー消費量が少ない体の状態で元の食事量に戻すことになるため、余分なエネルギーが脂肪として体に蓄積されてしまいます。つまり、ダイエット前よりも体重が増えてしまいます。これがリバウンドなのです。

「スルスル酵素」は痩せやすい体を作る酵素サプリ!!

脱毛ワックスの良い面と注意点

ワックス脱毛は、一般的に【肌に優しく、安全性の高い脱毛方法】といわれていますが、
そのメリット、デメリットは次のようなものです。
メリットとしては、
■毛根からの脱毛なので毛の再生が遅いく、一般的に10日~2週間くらいで少し毛が生えてきます。全て生えそろうには1ヶ月~2ヶ月程かかります。
■カミソリ負けでお肌を傷めることがない。さらに施術後は柔らかい毛が生えてくるのでチクチクしない。
■皮膚の余分な角質も一緒に除去出来るので、お肌がすべすべになる。
■回数を重ねていくと毛が細く、弱くなっていきます。中には毛が生えてこなくなる人もいます。
■ムレや匂いがが気にならず、衛生的です。
■セクシーな下着や水着を、はみ出しを気にせず着用できます。
■レーザー脱毛では難しい、粘膜部分や細毛も短時間でキレイに除去できます。
■レーザー脱毛や光脱毛では処理できない白い毛もキレイに脱毛できます。
デメリットとしてはね
■永久脱毛ではないため、定期的な手入れ必要になります。間隔は6週間~2ヶ月ほど。
■毛を一気に抜くので、多少痛みや皮膚へのダメージがある。
■施術後は、赤みが残ります。あくまで目安ですが早い人で3時間、遅い人で2~3日程残ります。冷やすと赤みが引くスピードが早まります。
■瞬間的に痛みはありますが、レーザー脱毛ほどではありません。
■敏感肌、皮膚の弱い人は注意が必要です。

「アンジェリカ」で全身脱毛

生命保険会社の経営基盤を判断する指標

無料保険相談などを利用して一生懸命保険の勉強をし、ようやく、自分に合った生命保険を選んだとしても、肝心の保険会社が倒産してしまっては、保障が受けられないどころか、掛け金すら無駄金になってしまいかねません。
こうしたことがないよう、しっかりとした経営基盤を持った生命保険会社と安心して契約したいものですよね。

生命保険会社を選ぶための指標となる数値は二つあります。すなわち、格付けとソルベンシーマージンです。
この二つで、保険会社がどのくらい経営基盤が安定しているか、判断の指標とすることができますので、保険会社を選ぶにあたっての指標となります。
■ソルベンシーマージン
ソルベンシーマージンとは、ソルベンシー(Solvency) = 負債等に対する支払い能力マージン(Margin)= (時間・経費等の)余裕・余地となります。
ソルベンシーマージン比率は、保険業界では広く知られている 保険会社の財務健全性を示す指標で、通常の予測を超えて発生するリスクに対応する支払い能力をどのくらい有しているかというものです。。
例えば、大災害や株の大暴落などといった通常の予測を超えて発生するリスクに対応できるだけの余裕、つまり「支払余力」があるかどうかを判断するための指標なのです。
ソルベンシーマージン比率は、数字が大きいほど支払余力も大きいと判断されます。行政監督上は、200%を下回ると 監督当局によって、早期に経営の健全性の回復を図るための措置がとられます。
■格付け
格付けとは、スタンダード&プアーズやムーディーズ等の格付け会社による専門的な調査に基づいて発表されたもので、各保険会社の財務力を分かりやすく指標として示したもので、会社の負った債務(保険契約も債務の一種)の返済力という視点からみた指標となっています。
これは、財務面からみた成績表といったもので、AAとかBといったスコアで表現されています。
格付けデータは、経営の健全性を示すひとつの重要な指標ですが、この比率だけで経営の健全性のすべてを判断するには十分ではありません。
やはり、ソルベンシーマージン比率・企業規模・成長性等、ほかの財務指標とあわせて総合的に判断することが重要なのです。

保険GATE(ゲート)

看護師が転職を決める前にすべきこと

看護師として転職を考える場合、まず必要なのは、なぜ転職したいのかという動機を考えてみることです。これが明らかにすることによって、転職先を選ぶ基準が出来ます。
どんな職場に再就職したいのかというビジョンをしっかり持つことは非常に大切なことなのですが、その点でこの自問は役に立ちます。
また、今働いている病院や就業先に、転職の理由を伝えなければなりません。ただ「なんとなく」というフンワリした理由では、あなたの常識が疑われるだけでなく、自分の価値を逆に下げてしまいます。
転職を希望する看護師の多くは、待遇面での不満を持っているようです。特に、効率よく仕事をこなせる有能な看護師の場合、他の人以上に働いているにもかかわらず,勤務能力に見合った給料が貰えていないと感じるかもしれません。
このように、給与面での不満で転職を考える人は非常に多いようです。次に多いのは,職場での人間関係がうまくいかないということです。

その他にも、希望の部署で働けないとか、夜勤が忙しすぎるという理由も多いでしょう。さらに、勤務時間が長すぎる、重要な仕事を任されるための精神的負担などもあります。また、このように、ネガティブな理由だけでなく、自分のスキルアップのためという動機もあると思います。
いずれの理由にしても、何が不満で転職するのか、何をしたいために転職するのか、こういった点を明確した後に、転職活動をすることが大切なのです。
「看護のお仕事」は、【転職支援金】付きの看護師転職支援サービスです。

墓地・お墓とは

お墓を建てるためには、当然のことながら墓地が必要となります。そして、墓地は、法律で定められたところに限られます。

昭和23年、「墓地、埋葬等に関する法律」(墓埋法)が施行されましたが、この法律によると、「墓地」は、お墓(法律上の名称は「墳墓」)を設ける地域を指します。

そして、墓地内にお骨を埋めて墓石を建てる範囲を「墓所」といいますが、墓地を買うのは、正確には「墓地内の墓所使用権を契約した」ということになります。

そして、この墓地には、付属している事務所、休憩所、駐車場などの施設も含まれます。

お墓は、法律上は「墳墓」と言い、遺体や遺骨を納める構造物のことで、これに含まれるものは、墓石、納骨棺(カロート)、境界石、外柵です。

墓地は、大都市圏では深刻な不足状態が続いております。これは、都市部への人口の集中に伴う地価の高騰、核家族化による世帯の増加に対して、墓地の開発が対応できなくなっているためです。

すなわち、高度成長期に地方から都市に移住した多くの人たちが、高齢化に伴い都市周辺に墓地を求め始めると共に、かつては大家族で墓地は一つで良かったのですが、核家族化に伴い、それぞれの世帯か墓地を求めるようになったため、供給が需要に追い付いていないためです。

終活お役立ち情報