布団を干した後のケア

布団をダニの好む環境にしないためには、こまめに干すことが大切なことは確かですが、干すだけでは実は不十分なのです。
ダニやハウスダストをお布団から取り除くには、布団を干した後の手入れも非常に重要なのです。
布団のダニは干せば取り除けると思うのは間違いです。布団を干すだけでは、ダニはお布団の外に出ていってはくれません。
それどころか、お布団を干すことによって逆にダニやハウスダストが表面に浮き出てしまう恐れがあるのです。
この状態で、アレルギーの子が寝てしまうと、口や鼻からたくさんのアレルゲンを吸い込んでしまい、アレルギー症状を起こす恐れがあるのです。
干した後のケアで、絶対にしてはいけないとは「布団たたきでお布団をはたく」ことです。
これをやると、布団の中のダニの死骸やフンを砕いて拡散させてしまうだけでなく、布団の中綿も傷めてしまうことにもなりかねません。
どうしても布団たたきを使いたい場合は、布団を取り込む前に表面のチリやホコリを軽く払う役割程度に使うにとどめましょう。
次に大切なことは、布団を取り込んだ後は、必ず布団の表面に掃除機をかけることです。裏と表両方に掃除機をかけることが大切です。ダニの死骸やフンが布団の表面に浮き出てくる可能性があるからです。
梅雨などで布団がまったく干せないときは、この掃除機がけをするだけでもアレルギー対策になりますので、できれば週に1回はすることをおすすめします。
布団にどんなに丁寧に掃除機をかけても、繊維の奥に入り込んでしまったダニを完全に取り除くことはしいですが、布団の表面のダニやハウスダストを取るだけでも、アレルギーの症状は随分と軽くなります。
さいごに、取り込んだ布団はすぐに押入れに入れないことが大切です。天日干ししたお布団はしばらく温かいですから、この状態のままお布団を押入れに入れてしまったら、また、温かいところが好きなダニの楽園を作ってしまうことになります。
このため、取り込んだ布団はしばらく部屋に置いたままにして、冷ましてから押入れに入れましょう。

「陽だまりの休息」は【アレルギーや冷え性】に効果的な高性能掛け布団♪

ジューサーとミキサーの違い

ジューサーとは、文字通りジュースを作るための道具で、果物や野菜などから繊維質を分離、水分を絞り出すものです。繊維質が含まれないため、口当たりがよくさらっと飲めます。単にジューサーと呼ぶ場合は、低速ジューサーを指すことが多く、ジューサーミキサーと呼ぶ場合、高速ジューサーを指す製品が多いようです。
ミキサー(ブレンダー)とは、刃で果物や野菜を細かく切り刻み、材料を混ぜ合わせます。繊維質も含まれるので、のど越しはドロッとした感触になり、スムージーを作るときに使う道具です。海外ではミキサーではなくブレンダーと呼ばれます。
飲みやすさの好みを別にすれば、ジューサーを使って作るジュースとミキサーを使って作るジュース(スムージー)には、それぞれメリット・デメリットがあります。
ジューサーとミキサーは、それぞれ、目的が違うのでどちらが優れているというものではありません。
酵素や栄養をしっかり取って、美容やダイエットをしたい方には ジューサーがお勧めです。便秘解消を目的としたり、ジュースだと満腹感がないという方には、ミキサーで作るスムージーがお勧めです。

クビンス低速ジューサーは【栄養豊富で濃厚】な美味しいジュースが作れます。

美味しい水とは?

美味しいと感じる水には、8つのポイントがあります。
1. 有害物質を含んでいないこと
2. 有害細菌が含まれていないこと
3. ミネラルがほどよく溶けていること
4. 酸素(O2)と炭酸ガス(CO2)がほどよく溶けていること
 酸素は水1リットル中に 5mg以上、炭酸ガスは 20mg前後が「おいしい」といわれます。
5.中性または中性に近いこと
人間の血液のPH値は弱アルカリ性の7.3~7.4で、極端にアルカリ性や酸性に偏ったものは お勧めできません。
6.水温は10~15度程度であること
7.有機物が少ないこと
有機物が多いと味に雑味を感じ美味しさを損ないます。飲み水のおいしさとしては1リットル中3ミリグラム以下が望ましいとされています。
8.鉄分が少ないこと
水道管が錆びていると鉄分が極端に多くなることがあります。鉄分が多いと「金気」を強く感じます。鉄分は極力少ない水が美味しい水とされています。水道水は1.以外は、をほぼ満たしています。
しかし有害物質は水質基準以下ではあるもののその数値はゼロではありません。 また蛇口までの経路で鉄サビなどが混入することもあります。このため、水道水を高性能の浄水器で浄化することにより、有害物質をかぎりなくゼロにすることができます

「ソリューヴ」は【有害物質を除去】するセントラル方式の浄水器です。