玄米の力

玄米は、健康食品・自然食品として定評のある食品です。玄米は稲の実ともいわれているで「もみ」から「もみがら」を除いた状態で、精白されていない米です。

玄米は、白米に比べてビタミン・ミネラル・食物繊維を豊富に含んでいます。さらに、ダイオキシン類の排泄作用が強いため、治療法の一つとして取り入られることもありました。

一膳分の白米と玄米の栄養を比較をすると、玄米の方が白米に比べて食物繊維が6倍。ビタミンEは14倍。ビタミンB群は4〜5倍も多く含まれています。これは、アーモンドが25粒分、鰯2尾分、鰤半身分、豚肉3枚分に相当します。

また、ミネラル分も3倍から5倍と言われています。特に、女性にとっては肌水分量も、向上することがあるため、健康食品を言われる意外にも美容食品として愛用される方もいます。

これまで玄米は旧型の炊飯器など炊いてもふっくらとせず、消化も食感も悪いと言われていましたが、新型の炊飯器では圧力、炊き方が工夫された手法がほどこされるようになり、ふっくらと炊けるようになり、味自体も好まれるようになってきました。玄米の力、成分を理解した上で、白米とバランスよく接種していくと良いのではないでしょうか。

「ユーグレナ・ファームの緑汁」

家庭用レーザー育毛器のメリット・デメリット

これまで、レーザー育毛の治療は、病院や専用サロンでうけるのが一般的でした。

しかし、最近ではレーザー育毛を自宅でできる機器が発売され、注目を集めています。

家庭用レーザー育毛機の最大のメリットは、いつでも使える手軽さにあります。大きさは髭剃りぐらいしかないため、場所をとることはありませんので、自宅だけでなく、出張先や旅行先に持っていくことができます。また、10分ほど照射すれば良いので、忙しい人でも継続することができます。

値段は決して安いとは言えませんが、長期間にわたって病院やサロンに通って治療を受ける時間と高額な料金を考えれば、コスパは抜群に良いと言えるでしょう。

また、おうおうにして、病院や育毛専門サロンでは、薄毛などの改善が乏しい場合には、治療を続けるための追加料金が必要になりますが、家庭用レーザー育毛器は一度購入してしまえば、維持費は充電に使用する電気代を払うくらいです。

薬を使った治療ではないため、副作用などを気にする必要がないこともメリットの一つと言えるでしょう。

デメリットとしては、ある程度まとまった初期費用が必要なことです。

レーザー育毛機の値段はピンキリですが、だいたい、5万円~10万円程度するものが多いようです。

しかし、病院や専門サロンへ行くことを考えると、長い目で見れば、安い買い物と言えるのではないでしょうか。

発毛・育毛レーザーブラシ「ヘアーレーザープレミアム」