安全で健全で楽しいダイエットをするには

安全で健全なダイエットをする第一歩は、標準体重を割り出すことです。標準体重は別名、健康指数とも呼ばれていますが、これは、体脂肪率を測定して算出されたものでは無く、また、隠れ肥満と言われる人や筋肉量の多い人もいるため、あくまで目安です。その求める式は、「標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22」です。

この標準体重を目指してダイエットをすることになりますが、ここで注意が必要なのは、ダイエットの方法は全ての人が同じであるとは言えないことです。

肥満は健康にとって天敵とも言える存在ですから、特に、自分の健康状態に敏感な人は、ちょっと太っただけなのに、肩が凝り出したり、怠さを感じたりと不調を感じることもあるようです。

血圧を毎日計測していると、太ったことによる血圧の変化を感じることが出来ますが、ダイエットは太っているという個人の認識によるもの、すなわち、そのために起きる体の不調を改善する効果を期待するものでもあるのです。

もともと肥満傾向にある人が年齢を重ねるに従って体重が増えて行き、体がその重さに耐えられず、足腰に負担がかかって痛みに悩む高齢者は多いようです。

歳をとってからのダイエットはけっこう大変で、医師の指導の下で行わなければならない場合もあります。

特に、運動することも難しい高齢者がダイエットをするのき非常に厳しいものなのです。持病を抱えながらダイエットをする場合、食欲中枢を刺激することによって食欲を抑え込む方法があります。

また、耳のツボを刺激することによって満腹感を感じさせる針治療や、厚生省に認可されているマジンドールは、肥満に用いられる保険適用となる薬です。

ダイエットは必要に迫られている人、美容のためにする人など、ニーズによってダイエットの方法も異なります。

効果の高いダイエットにはそれなりのリスクもありますので、自分に最適なダイエット方法は何かを見極めることは何より大切なことなのです。

【ダイエット&ダイエットインナー】商品特選