FXの損小利大とは

FXの「レバレッジ」は文字通り、テコの原理を使って少ない資金で大きな利益を得ることです。この利益が大きい分、それだけ、同じような損失のリスクがあると言うことになります。
そこで、FXで特に大切になってくるのは、損失をどれだけ少なくして、利益を大きく取れるかです。すなわち、損小利大です。
これを簡単に言うと、10回トレードして9回負けてもたった1回の大勝ちすれば良いと言うことです。
FXで負けている投資家の多くは、これの逆で「損大利小」です。すぐに利益を確定して、損失はなかなか確定しません。
FXは上がるか下がるかの単純な投資ですので、確率的には勝率50%のように見えます。
しかし、実は、FXで大儲けしている投資家でも、その勝率は良くて30~40%なのです。これは、こうした投資家が損切りを素早く行っているという証拠です。
また、感情が全く入る余地が無い、無料のシステムトレードを使うのも一つの解決策です。これを使うと、プロのようなトレードができます。

「みんなのFX」は最狭スプレッド+手数料無料♪低コストFX取引!!