墓地・お墓とは

お墓を建てるためには、当然のことながら墓地が必要となります。そして、墓地は、法律で定められたところに限られます。

昭和23年、「墓地、埋葬等に関する法律」(墓埋法)が施行されましたが、この法律によると、「墓地」は、お墓(法律上の名称は「墳墓」)を設ける地域を指します。

そして、墓地内にお骨を埋めて墓石を建てる範囲を「墓所」といいますが、墓地を買うのは、正確には「墓地内の墓所使用権を契約した」ということになります。

そして、この墓地には、付属している事務所、休憩所、駐車場などの施設も含まれます。

お墓は、法律上は「墳墓」と言い、遺体や遺骨を納める構造物のことで、これに含まれるものは、墓石、納骨棺(カロート)、境界石、外柵です。

墓地は、大都市圏では深刻な不足状態が続いております。これは、都市部への人口の集中に伴う地価の高騰、核家族化による世帯の増加に対して、墓地の開発が対応できなくなっているためです。

すなわち、高度成長期に地方から都市に移住した多くの人たちが、高齢化に伴い都市周辺に墓地を求め始めると共に、かつては大家族で墓地は一つで良かったのですが、核家族化に伴い、それぞれの世帯か墓地を求めるようになったため、供給が需要に追い付いていないためです。

終活お役立ち情報

スタミナ食の王様ニンニクの成分と働き

ニンニクは、古くから洋の東西を問わず、スタミナ食として活用されてきました。古代エジプトでは、ピラミッド建造の肉体労働者の間では強壮食品とされ、古代ローマ時代には戦闘士などの食べ物とされていたそうです。
そして、日本には、弥生時代に中国・朝鮮半島経由で到来したといわれ、『古事記』や『日本書紀』では、日本武尊(ヤマトタケル)が、ニンニクで山の神を退治したという伝説が書かれております。
ニンニクは、年中出回っていますが、新物の収穫は5~7月が旬で、薬味や薬用食品として利用されております。
ニンニクを切ったり潰したりして細胞が壊れる、臭い成分のアリシンに変わります。このアリシンは、化学反応を起こし、条件によってアホエンやアリルスルフィド類、メチルアリルスルフィド類などに変わります。
メチルアリルトリスルフィドには抗血栓作用が、ジアリルトリスルフィドには抗がん作用があるとされております。
また、アリシンは、ビタミンB1と結合して、アリチアミン(活性ビタミンB1)を生成して、ビタミンB1の吸収率を高めます。このビタミンB1は、糖質をエネルギーに変えるためには不可欠のビタミンで、スタミナ不足の夏には疲労回復を促進します。
他にも、ニンニクの精油、アルコール抽出物には、抗菌・殺菌、防カビ、抗ウイルス作用があるという報告があります。
南米パワーの精力剤なら「Going」

婚活男性の会話と振舞い方

初対面で与える第一印象は、あなたの人物像を作り上げる過程で、非常に大きな影響を及ぼします。第一印象で不快感を与えてしまうと、その悪印象を払拭することが難しくなってくるのです。
特に、女性は初対面の男性の振る舞いや会話、あるいは仕草などからその男性の将来性を観ようとします。この人は自分を守ってくれそうな人か、楽しませてくれそうな人か、 常識をわきまえた人か、誠実な人かなどなどです。
その男性の自分で意思決定できない優柔不断な言動、あるいは、臨機応変に対応できない頭の堅さは、女性を不安にさせます。 
女性は、男性のどっしりと構えた振る舞いやしっかりとした物の考え方に確かな自信を感じて心をひかれるものなのです。
また、会話力はとても重要です。男性の嫌味のないボキャブラリーの多さに女性は尊敬の念をいだき、会話を楽しませてくれる聞き上手ぶりに、女性は居心地の良さを感じて好感を持つのです。
服装も第一印象を良くするためには重要です。トレーナーにジーパンでは相手に失礼です。秋冬であれば黒の落ち着いたスーツ、春夏は爽やか感のあるグレーのスーツ、白かブルーで糊の利いたワイシャツに黄色・オレンジ系のレジメンタルなネクタイがアクセントになります。
公務員など職業そのものが堅いイメージならば、スーツよりも私服の方が与える印象はやわらかくなります。
いずれにしても、服装に無頓着な男性はモテませんので、必要な投資だと考えましょう。
自衛隊プレミアムクラブは、【自衛隊員と結婚したい】女性のための結婚相談所