タグ別アーカイブ: ペットロス症候群

ペットロス症候群について

今まで家族の一員として一緒に過ごしてきたペットも、いつかは別れの日が来ると覚悟はしていても、実際にその日が来てしまうと、耐え難いほどの悲しみに襲われるもの。ましてや、事故や病気など突然の死であれば、その事実を受け入れ難いのは当然のことでしょう。

中には悲しみのあまりペットロス症候群と呼ばれる症状に苦しむ方もおられるようです。

「ペットロス症候群」は、ペットとの死別をきっかけに発生する精神的・身体的不調のことで、うつ症状や不眠、食欲不振など様々な症状があらわれます。

これは精神的な病気というわけではなく、個人差はあるものの、喪失体験をした人であれば自然と経験することです。

愛情をかけた分だけ、あるいは、一緒に暮らした期間が長い分だけ、その悲しみは大きくなるのでしょう。

ましてや、事故や病気で亡くなった場合は、「自分のせいで死なせてしまった」と自分を責める気持ち強くなることもあるでしょう。でもそれは異常なことではありません。

こうした悲しみや後悔の念は、ペットに対する愛情が深かったからこそ感じる感情なのです。

時間がたてば、いずれは、あなたの傷を癒し、立ち直り、いつもの生活に戻ることができるはず。

そして、深い悲しみを乗り越える頃には、心の傷はペットへの感謝の気持ちへと変化していき、前向きに生きることが出来るようになることでしょう。

そのためには、ペットを最期の時まできちんと世話をし、供養することが、ペットへの感謝の気持ちの表れとなります。これこそが、心の傷を癒していくきっかけとなるのです。

「こころ工房」の【ペットのお墓】は、手元供養でペットロス症候群にも効果的!!