タグ別アーカイブ: 体臭

体臭のレベルに応じた制汗剤の使い方

体臭は、服を着た状態では良くわからないものですが、風呂に入って体を綺麗に洗った後、脱いだ服の匂いを嗅ぐと、はっきりと自分の体臭がわかる場合があります。
この臭いこそ、普段、自分ではわからない匂い、すなわち、他人がいつも嗅いでいるあなたの匂いなのです。
また、体臭レベルを計る場合は、綿棒で耳垢をとってみて、その耳垢がネチョネチョとして柔らかい場合は、ワキガ体質である可能性が大です。
もし、湿った耳垢なら軽~中程度、乾燥していれば、ワキガの可能性はほぼないでしょう。
制汗剤は、使えば使うだけ効果が高くなると言うものではありません。逆に、間違った使い方や大量に使うと、結果的に余計体臭がひどくなってしまう場合もあります。
このため、体臭のレベルに応じて制汗剤を使い分ける必要があります。
もし、自分がワキガ体質なら、肌にしっかりと薬剤を塗れるロールオンやクリームタイプの使用がお勧めです。この時、なるべく無香料のものを選びましょう。
ワキガの匂いは他の香りで消えるものではないため、2つの香りが混じり合うと、余計に変な臭いがして気になってしまいかねません。
軽~中程度の方なら、スプレータイプがよいでしょう。よく汗を拭き取って肌を乾燥させた状態で使うとより効果があります。汗をかいたままで使用すると、薬剤が流れてしまい効果が薄れてしまうので注意が必要です。
体臭がそれほど強くない場合は、シートタイプでさっと拭く程度で十分です。もし、これだけでは心配な人は、パウダータイプを少量使うとよいでしょう。
また、体臭が殆どない、あるいは、少ない人が制汗剤を使い過ぎると、それが返って匂いの原因となってしまう場合があるので注意が必要です。

人気の【健康サプリ&健康器具】特選☆健康不安を解消♪