タグ別アーカイブ: 婚活

婚活は小さな一歩から始めよう

婚活を始めるにあたっては、最初のハードルを越えなければなりません。それは、いくら年頃になっても、結婚したいから婚活しよう、婚活サイトに登録だなんてことにはならないからです。

多くの人は、婚活なんて恥ずかしい、婚活なんてダサい、自然な出会いの方が良い、いい人は婚活しなくても結婚しており、婚活をするのは売れ残りの人ばかりだろう、といった先入観があるからです。

こういった先入観が、「婚活」をスタートさせる大きな障害として横たわっているのです。

また、この障害を乗り越えて婚活をスタートしても、もっといい人がいるかもしれない、やっぱり、売れ残りの変な人しかいないじゃないか、自分なんて、誰も選んでくれないなどと悩んでしまうのです。

かと言って、婚活をやめたらやめたで、婚活しないで大丈夫かな、このまま年だけ重ねていると、一生結婚できなくなるのではないか、と後悔するのです。

婚活をしなくても不安になり、しても不安、やめても不安と、結婚に焦れば焦るほど、八方塞がりの状況に追い込まれてしまうのです。

婚活に不安や葛藤はなくなりません、あるのが当たり前です。一生の伴侶を決める活動ですから、何の不安もなく軽い気持ちで行動できる人なんていません。婚活とは「そういうもの」なのです。

これを当たり前のものとして受け入れて初めて、前に進むことが出来るのです。てすから、婚活が上手くいかないからと言って自分を責めないようにしましょう。

婚活で最初の一歩を踏み出すためには、負担が少ない小さな行動から徐々に始めていくアプローチが一番です。

婚活サイトをネットで検索してみる、婚活サイトの資料を請求してみる、他人の婚活体験を読んでみる、など些細なことでも良いのです。

これらを通じて、自分ができる範囲を少しずつ広げていきましょう。そうすると、徐々に習慣になっていき、それが、いずれは素晴らしい出会いに繋がるのです。

「出会いネット」で本気の恋活・婚活♪

婚活で女性に求められる条件

婚活で男性が女性に求める条件で圧倒的に多いのが年下の女性です。年下といっても3歳差程度までは同年代と見られ、平均的には7歳以上の年齢差が好まれるようです。

このため、女性側としては、20代の若い内から婚活に励んだ方が結婚に成功する確率が高くなります。

男性が年下の女性を好む理由は、好みの差もありますが、出産リスクを懸念することが一番大きいようです。

年齢の次に多いのが家事のスキルです。家事には料理だけではなく、洗濯、掃除、買い物なども含まれます。

容姿も重要な要素ですが、美人は3日もたてば飽きるといわれるように、どんな美人でも毎日顔を合わせていると、それが当たり前になって気にならなくなるものですから、人柄さえ良ければ、容姿は人並みであればそれで良しとする男性も多いようです。

特に、30歳を過ぎると、外見よりも内面を重視するようになると言われております。

昔は、結婚すれば女性は家庭に入って専業主婦が当たり前でしたが、今では、共働きが一般的のようです。

女性にとっては、夫の給料に全面的に頼るのではなく、パート勤務でも良いから、一定の収入を得て、自分が自由に使えるお金を確保したいところでしょう。

しかし、それも子供が出来るまでで、子供が生まれると、育児のために専業主婦にならざるを得ません。そうすると、夫婦共稼ぎの時よりも収入が減るため、育児が一段落すると、こどもを保育園に預けて働きに出るケースが多いようです。

最近は、育児休暇制度の充実や、勤め先が保育園を解説して育児をしながら仕事が出来る環境が整えられつつありますが、まだまだ不十分なため、この点については、結婚にいたる前によくよく話し合っておく必要がありそうです。

「ハッピーメール」で真剣に【恋活・婚活】